ほんもののナノバブル水をつくりだします。

eco-Bubble®-250、 eco-Bubble®-400シリーズ

ポンプ一体型なので、水槽にドボンと入れてすぐに運用開始できます
左)eco-Bubble®-250、右)eco-Bubble®-400
この装置にエアーチューブを接続して水中に設置し、電源を入れるとノズルから泡が発生します。エアーコックを使って、水の状態に合わせてノズルへの通気量を適宜調整すると、マイクロバブルが発生します。
このモデルは可搬性に優れ、取り付けや使用方法はきわめて簡単です。水の曝気が必要な場所に運んで設置し、必要に応じて使用することができます。eco-Bubble®-250は淡水の曝気用、eco-Bubble®-400は海水などの腐食性のある水中での使用に適しています。

発生ノズルだけのコンパクトなeco-Bubble®-S1、S2シリーズもございます。詳しくはこちらから

装置の用途

  • 0.5~30m³程度の水へのガス(酸素、オゾン、二酸化炭素、水素など)の溶存
  • 魚介類の飼育槽や養殖生け簀の溶存酸素濃度の維持
  • 水耕栽培等の農業用水に利用する高濃度酸素水の作成・洗浄処理の促進など

eco-Bubble®-250、eco-Bubble®-400 シリーズモデル一覧

型式 出力
(W)
相・電圧
(V)
重量
(kg)
材質
ノズル部
材質
モーター金属部
ECBL-250S 250 単・100 14.5 SUS304 ステンレス
ECBL-250T 250 三・200 14.5 SUS304 ステンレス
ECBL-400S 400 単・100 14.5 SUS316 チタン
ECBL-400T 400 三・200 14.5 SUS316 チタン
*装置の外寸:35cm(H)×25cm(W)

純酸素ガスの海水への溶解試験

純酸素ガスの海水への溶解試験
左)eco-Bubble®-400のよる曝気、
右)樹脂製ディフューザーによる曝気
水温23~24℃、塩分:31、
水容量:約400L、純酸素通気量:毎分2.7L

純酸素ガスの速い溶解

円筒形の水槽に入れた約400Lの海水を、eco-Bubble®-400を用いて純酸素マイクロバブルと樹脂製ディフューザーを曝気しました。空気による曝気と異なり、気泡中の酸素量が約5倍に増え、窒素の溶け込みによる酸素への影響もありません。溶存酸素濃度は時間に対して直線的に増加します。eco-Bubble®-400による曝気では、溶存酸素飽和度が10%から50%にわずか45秒で到達しました。一方。樹脂製ディフューザーでは、25分余りかかりました。eco-Bubble®-400では、ディフューザーによる曝気より約30倍も早く酸素が溶存しました。

お気軽にお問い合わせください。03-5465-5439受付時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問合わせ